【京成杯オータムハンデの舞台裏】騎手、血統、調教師の過去データ

※本ページはプロモーションが含まれています
未分類



「京成杯オータムハンデの舞台裏、中山芝1600メートル」は

騎手、血統、調教師の過去データに光を当て、注目ポイントを紐解く興味深い記事です。

競馬の舞台裏に迫り、的中のカギを握る要素を解析しましょう。


京成杯オータムハンデ 中山芝1600m過去データ


調教師データ


調教師着別度数勝率連対率複勝率
(栗)池江泰寿5- 2- 1- 6/1435.7%50.0%57.1%
(美)宮田敬介4- 1- 1-12/1822.2%27.8%33.3%
(美)畠山吉宏2- 2- 2-22/287.1%14.3%21.4%
(栗)中内田充1- 1- 0- 3/ 520.0%40.0%40.0%
(栗)友道康夫1- 1- 0- 1/ 333.3%66.7%66.7%
(栗)杉山晴紀1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%
(美)小笠倫弘1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%100.0%
(栗)矢作芳人0- 2- 0- 5/ 70.0%28.6%28.6%
(美)大和田成0- 1- 0- 6/ 70.0%14.3%14.3%
(栗)佐々木晶0- 0- 1- 1/ 20.0%0.0%50.0%
(栗)千田輝彦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%


過去1年4か月のデータを元に、池江調教師の管理する競走馬の成績は

この期間において、14頭が出走しています。

その中で5頭が勝利を収め、8頭が馬券内に好走しました。

これは、注目すべき成績と言えるでしょう。

一方で、その他の調教師は母数が少ないのもありますが

当該コースにおいて目立った成績は見当たらないですね。


種牡馬データ


種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝回収値複勝回収値
ディープインパクト6- 2- 2-28/3815.8%21.1%26.3%11770
ルーラーシップ5- 4- 2-24/3514.3%25.7%31.4%3754
リオンディーズ4- 1- 2-17/2416.7%20.8%29.2%6560
ダイワメジャー3- 5- 6-29/437.0%18.6%32.6%3880
ダノンバラード2- 0- 1-18/219.5%9.5%14.3%22461
スクリーンヒーロー1- 5- 3-25/342.9%17.6%26.5%1686
ディープブリランテ1- 2- 0-13/166.3%18.8%18.8%36111
ワールドエース1- 2- 0-17/205.0%15.0%15.0%3846
サトノクラウン1- 1- 1- 6/ 911.1%22.2%33.3%50172
キングズベスト1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%20.0%11240


過去1年4か月の競馬データを分析し

特にディープインパクト産駒、ルーラーシップ産駒、リオンディーズ産駒、ダイワメジャー産駒の4頭について注目したいと思います。

これらの馬たちは競走数も多く、安定した成績を収めている印象です。

特にルーラーシップ産駒は、勝率や複勝率が高い一方で、回収値が低い傾向が見受けられます。これは、一般的に人気になりやすいため、配当期待が低くなりがちであることがわかります。

他の産駒についても、成績は悪くないので全体的に、競走に適した能力を持っているようです。

ただし、中山競馬場において【グラニット】は3回出走しているものの、1度も馬券内に入っていないという点は懸念材料です。また、【シャイニーロック】は初出走で、その種牡馬も過去2年で3頭が出走しているものの、まだ好成績は残せていませんね。


スポンサーリンク

騎手&調教師データ


騎手着別度数勝率連対率複勝率
M.デム8- 4- 6-27/4517.8%26.7%40.0%
菅原明良4- 6- 8-41/596.8%16.9%30.5%
津村明秀4- 5-11-30/508.0%18.0%40.0%
石橋脩4- 1- 3-29/3710.8%13.5%21.6%
ルメール3- 6- 1-21/319.7%29.0%32.3%
松岡正海2- 4- 3-22/316.5%19.4%29.0%
浜中俊2- 1- 0- 1/ 450.0%75.0%75.0%
松山弘平1- 0- 0- 7/ 812.5%12.5%12.5%
嶋田純次0- 0- 0-13/130.0%0.0%0.0%
西村淳也0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%0.0%
酒井学0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%0.0%


過去1年8か月の中山芝1600メートルの騎乗データを分析しましたが

半数以上のジョッキーが非常に優れた成績を持っています。

つまり、この距離でのジョッキーたちは、ほぼ均等に競り合っていると言えるでしょう。

しかし、一部のジョッキーは馬券内に来ることが難しいようです。

特に嶋田ジョッキーはこの距離で13回も騎乗していますが、1度も馬券内に入っていないという成績です。これは注目すべき点であり、嶋田ジョッキーのパフォーマンスに疑念を抱く必要があるかもしれません。


騎手調教師着別度数勝率連対率複勝率
松山弘平池江泰寿7- 4- 1-12/2429.2%45.8%50.0%
ルメール宮田敬介5- 2- 3-10/2025.0%35.0%50.0%
西村淳也中内田充4- 9- 3-24/4010.0%32.5%40.0%
松岡正海畠山吉宏4- 4- 3-24/3511.4%22.9%31.4%
浜中俊千田輝彦1- 2- 1- 8/128.3%25.0%33.3%
石橋脩友道康夫1- 2- 1- 5/ 911.1%33.3%44.4%
嶋田純次大和田成1- 1- 1- 8/119.1%18.2%27.3%
菅原明良小笠倫弘1- 1- 0- 2/ 425.0%50.0%50.0%
M.デム杉山晴紀1- 0- 2-12/156.7%6.7%20.0%
酒井学佐々木晶0- 3- 2-12/170.0%17.6%29.4%




コメント