楢﨑智亜の結婚と転向:2024パリオリンピックでのリベンジ!!

※本ページはプロモーションが含まれています
人物

スポーツクライミングは、2020年東京オリンピックで初めて正式種目となったスポーツです。

壁に設置されたホールドを使って登る競技で、スピード、ボルダリング、リードの3種目を組み合わせたコンバインドでメダルを争います。このスポーツの日本代表選手の一人が、楢﨑智亜(ならさき ともあ)さんです。彼は、体操からクライミングへの転向を経て、プロクライマーとして世界のトップレベルにまで上り詰めました。

また、同じくスポーツクライミングの日本代表で銅メダリストの野口啓代(のぐち あきよ)さんと結婚し、クライミング界のビッグカップルとして注目を集めています。ここでは、楢﨑智亜さんの経歴や結婚について紹介します。


記事のポイント

  1. 楢﨑智亜さんの経歴
  2. ニンジャと呼ばれている理由
  3. 楢﨑智亜さんの結婚
  4. 楢﨑智亜さんの目標や夢





スポンサーリンク
引用:instagram



体操からクライミングへの転向

楢﨑智亜さんは、1996年10月22日生まれの27歳です。

幼稚園で運動神経の良さから勧められ器械体操を始めておられます。県大会で入賞するなどの成績を残し、当時は体操でオリンピックに出場する事を目標にしていましたが、突然体操の演技をすることに恐怖を感じ、施設の中に入ることすら出来なくなり、10歳で体操を休止しています。 そんな時、兄が通っていたスポーツクライミングジムに遊びに行き、クライミングを始めたのがきっかけとなっています。



プロクライマーとしての活躍

楢﨑智亜さんは、プロクライマーとして数々の大会で優秀な成績を残してきました。

特に、2019年には、スポーツクライミングの世界選手権で金メダルを獲得しました。これは、日本人男性としては初めての快挙でした。また、2020年には、東京オリンピックで4位入賞しました。これは、日本人男性としては最高位でした。さらに、2021年には、スピード種目で日本記録を更新しました。これは、スピードが苦手とされていた日本人クライマーにとって大きな意義がありました。



「ニンジャ」と呼ばれる理由


楢﨑智亜さんは、クライミング界では「ニンジャ」と呼ばれることがあります。

これは、彼の身体能力と跳躍力の高さ、独自のムーブ「Tomoa skip」、他の選手とは違う動き「Tomoa style」などが理由です。

彼は、体操の経験を生かして、壁を跳んだり、ホールドを飛ばしたりすることができます。また、彼は、ボルダリング種目でよく見られる「Tomoa skip」というムーブを考案しました。これは、ホールドを掴む順番を変えることで、ルートを短くするという技です。さらに、彼は、自分の感覚に従って、他の選手とは違うルートを選ぶことがあります。これは、「Tomoa style」と呼ばれ、彼の個性とセンスを表しています。



引用:instagram


楢﨑智亜さんは、2021年12月25日に、同じくスポーツクライミングの日本代表で銅メダリストの野口啓代さんと結婚したことを発表しました。

このニュースは、スポーツ界やクライミングファンに大きな反響を呼びました。ここでは、楢﨑智亜さんと野口啓代さんの結婚について、紹介します。

クライミング界のビッグカップル誕生


楢﨑智亜さんと野口啓代さんは、ともにスポーツクライミングの日本代表選手です。

彼らは、2018年に出会い、2020年に交際を始めました。彼らは、東京オリンピックで共にメダルを狙いましたが、残念ながら楢﨑智亜さんは4位、野口啓代さんは3位に終わりました。しかし、彼らは、お互いに励まし合い、絆を深めました。彼らは、オリンピック後に入籍し、クリスマスに結婚を発表しました。このニュースは、クライミング界のビッグカップル誕生として、スポーツ界からの祝福の声が相次ぎました。



新婚生活の様子


楢﨑智亜さんと野口啓代さんは、現在、東京都内の新居で新婚生活を送っています。彼らは、自分たちのSNSで、新居を初公開したり、日常の様子を紹介したりしています。彼らは、クライミングの練習や食事、買い物などを一緒に楽しんでいます。また、彼らは、お互いにサポートと成長を求め合っています。彼らは、クライミングの技術やメンタル面でのアドバイスを交換したり、目標や夢を共有したりしています。





楢﨑智亜さんは、パリ2024オリンピックに向けて、それぞれの種目でメダルを目指しています。楢﨑智亜さんは、ボルダー&リードで銅メダルを獲得しています。パリ2024での活躍を期待しています。

彼らは、クライミングを通して、自分たちの可能性を広げていきたいと語っています。彼らは、クライミングの魅力を多くの人に伝えるとともに、自分たちの夢を叶えるために、努力と挑戦を続けています。



コメント